2018/06/01

  • PR

まだまだ?そろそろ?新電力で新生活。賢く得するためには。

コラムメインビジュアル

新電力って、なんかむずかしい?

電力自由化って聞いたことあるけど、よくわかりませんよね?
簡単に言うと、これまであった大きな電力会社だけでなく、 他の企業も電力事業に参入できるようになった、ということです。
なにか、メリットあるの?そう思っちゃいますよね。
まずは、選べる会社が広がり、いろいろ検討できるようになったことがメリットの1つ。
さらに2つめのメリットとして各企業が健全な競争をすることで、電気料金の適正化、料金の低下が始まっています。

電気って、みんないっしょじゃない?

新電力各社、電気のつくり方はそれぞれです。
火力・水力・風力・地熱・太陽光…。
発電所や送電設備を持っているところ…。
つくられ方は違っても電気は同じように使えます。
違いがあるのは、ずばり料金。安定して電気を届けることは当たり前。
その上でムダを省き、効率を上げ、少しでも安く電気を届けようと
新電力各社が頑張っています。

本当に今より安くなるの?

電力会社を変えなくても大丈夫

今のまま電力会社を変えなくても大丈夫。
でも、長く使っていく電気だから、
“電気代”のことは気にかけても良いのではないでしょうか?
電力会社を変えるための手続きや工事などは、
思っているほど大変でありません。
スムーズに済んでしまうところがほとんどです。
では、実際にどれぐらい安くなるのか?
ピタでんの「電気料金のシミュレーション」で
ちょっとトライしてみるのも、ありですよね。
「思っていたほどじゃない」「こんなに違うの?」
「年にしたら、ずいぶん得できるじゃない」
どんな結果が出るかは、人それぞれですが、
カンタンに短時間で試せますから、やってみる価値はあると思いますよ。

いろいろプランがあっても、
どれに決めたらいいのか?わからない。

新電力の各社にさまざまな料金プランがあります。
「これがわが家にピッタリね」と、見つけるのはちょっと大変ですよね。
そこで提案したいのが、まず「どんなくらし方をしているのか」を
考えてみることです。
日中、電気を使っている人は?ペットは?
くらしている人が多ければ、電気の使用量も多くなります。
逆に、一人や共働きなら少ないでしょう。
そういった「わが家の電気の使い方」を、つかんでおいてから、
新電力各社の料金プランを比べてみるのがよいと思います。

ゆったり、きっちり、どちらがピッタリ?

電気の使われ方には大きく2つの傾向があるそうです。
人数が多く、日中も夜も電気を多く使う家庭と、
少ない人数で電気を使う時間が限られている家庭。
じつはコレ、ピタでんが全国的に電気の使われ方を調べて
出てきた結果なんです。
あなたは、どちらのタイプだと思われますか?

ピタでんのプランはたったの2つ。

電気以外のサービスとセットになっていたり、
さまざまなプランが新電力各社から発表されていますが
ピタでんのプランは2つしかありません。
定額料金でゆったり電気を使えるプラン。
使った分だけをきっちり払うプラン。
この2つだけというシンプルさです。
今のくらし方に合わせて、とても選びやすくなっています。
どれぐらいお得になるのか?知ってみたくはありませんか?

電源の発電効率を高め、
理想的な電力提供を広げるF-Power

ピタでんが料金を安くできる理由

ピタでんが料金を安くできる理由を新中袖発電所を例に説明します。
ここでは2台の「ガスタービン」に燃料を送り込み、
発電機を回して発電を行っています。2台で8万kWとなります。
さらに「ガスタービン」から出る高温の排気ガスを「排熱回収ボイラー」に通して蒸気をつくり、発電機を回しています。
ここでは2万kWが発電されますが、この発電にかかった燃料費は0円となります。このように効率よく無駄を少なくして発電できる仕組みを、
ピタでんは日本各地で増やし続けています。
これからも発電効率をよりよく高め、
理想的な電力提供を日本中に広げていきます。
企業向け電力会社として実績のあるF-Powerによる
一般のお客様向け電力サービス、それがピタでんなのです

何もしないと、下がらないですよ! でんき代。

ピタでん | ピタでんで損せず暮らそう
  • ピタでんで、損せず暮らそう
  • 暮らしにピッタリ、賢く、お得なでんき。